メリーチョコレート Top > メリーについて

バレンタイン誕生物語などメリーについて

CONCEPT

1950年(昭和25年)、メリーチョコレートは、東京 青山の洋菓子メーカーとして生まれました。
創業以来、ものづくりの中で一番大切にしていることは、「品質第一主義」。
かわいい女の子のマーク「メリーちゃん」は、お客様に品質がよく、安全でおいしいものをお届けする約束のしるしです。
メリーのシンボルのように、多くの方に愛され、親しんでいただける企業になれますよう夢いっぱいの商品を創り続けます。
商品のパッケージには、メリーからのメッセージが書かれています。

メリーの約束

バレンタイン誕生の歴史

St.Valentine's Day

1958年(昭和33年)メリーのバレンタイン誕生

  1958年(昭和33年)1月、パリに住む知人から受け取った一通の絵葉書にヒントはありました。
「ヨーロッパではバレンタインデーといって、男女が花やカードやチョコレートを贈りあう習慣がある。」
  これをきっかけに、メリーチョコレートはその年、東京の百貨店で初めてのバレンタインセールを行います。しかし、当時はバレンタインを知る人もなく、3日間で50円の板チョコレートが3枚と20円のメッセージカードが1枚、たった170円の売上。それにもめげず、翌年もチョコレートを販売することにしました。
「ヨーロッパのように、愛の日バレンタインデーにチョコレートをお買い求め頂くにはどうしたら良いのだろう。」

  悩んだ結果、まず、チョコレートをハート型にして、その上に贈る人と相手の名前を入れられるサービスを実施、さらに 『年に一度、女性から男性へ愛の告白を!』 というキャッチコピーを付けました。
  “自ら告白をする”ということが一般的ではなかった当時、このコピーはとてもセンセーショナルなものでした。しかし、女性の社会進出が進みはじめ発言力が高まった時代と相まって、やがて週刊誌なども特集を組み、「女性が愛を告白してよい日」としてバレンタインデーは日本に浸透していきます。恋心を後押しした日本のバレンタインデーは、女性に支持されその後定着し、現在日本でみられるような“女性から男性にチョコレートを贈る”スタイルになりました。

バレンタインチョコレート バレンタインチョコレート
チョコレートなどの洋菓子・スイーツのメリーチョコレートHOME