メリーチョコレートのトップショコラティエ 大石茂之が、
日本各地を旅して、人と出逢い、
心と心の交流を交わし創り上げたショコラ「美味協奏」。
風土、人、素材。
そして、大石の魅力が織りなす新しい味わいを
シリーズとしてご提案いたします。

Scroll

トップショコラティエ 
大石茂之

1995年にメリーチョコレートカムパニーに入社。2000年にメリーチョコレートが 世界のチョコレートの祭典「サロン ド ショコラ パリ」に出展した当初からプロジェクトメンバーとして参加。2014年、トップショコラティエに就任。和の食材をチョコレートに取り入れた繊細で精巧な技術が特徴。2018年には三年連続金賞受賞、2019年にはフランスで権威のあるチョコレート愛好会 c.c.c.より、 最高のショコラティエ賞を受賞。

第一弾のテーマは「お茶」。
理想の日本茶ガナッシュをより追究したいという想いで、
茶師十段 大山拓朗氏に出逢い、究極のチョコレートを創り上げました。

第一弾 日本茶

チョコレートの中から
お茶の香りと味わいが広がる。

大切にしたのは、ショコラのための「お茶の旨味」と「新緑の青い香り」。

4種類のお茶をメリーオリジナルのホワイトチョコレートに合わせたガナッシュ仕立て。フォークですくったそのひと口からは、お茶の香りと旨みがあふれ出す。大石の理想を形にした、今までのお茶のチョコレートの概念を覆す、そんなチョコレート。

PRODUCTSSTORY

PRODUCTS商品紹介

奏-KANADE-日本茶ガナッシュ

日本茶の特徴を活かした お茶好きのためのガナッシュ。 茶師十段の資格を有する大山拓朗氏が合組(ごうぐみ)したそれぞれの茶葉をメリーオリジナルのホワイトチョコレートに合わせ、茶葉を湿らせる温度や生クリームでの煎出など、製法にもこだわって創り上げました。

※合組とは
お茶のコク、旨味を最大限に活かすよう、産地や品種などの特性を見究めて茶葉を調合すること。
8個入 ¥2,700

ASSORTMENT

  • 抹茶

    抹茶

    メリーのチョコレートに合わせるため、特別に合組した抹茶を使用。香り・甘味・うま味・コクのバランスの取れた抹茶を練りこみました。

  • ほうじ茶

    ほうじ茶

    高い焙煎技術のほうじ茶に大石が感銘を受けて完成したガナッシュ。生クリームから茶葉を煮出すことによってほうじ茶ならではの香ばしさと香りを活かし、口どけなめらかに創り上げました。

  • 玄米茶

    玄米茶

    玄米にもち米を使用することで香ばしさが増した玄米茶。玄米とお茶、2つの持ち味を感じてもらえるよう、大石独自の配合調整により気品あるガナッシュに仕立てました。

  • 煎茶

    煎茶

    煎茶の繊細な味わいをガナッシュにするため、大山氏は合組を、大石は試作を重ねて完成。煎茶の旨み、渋み、そして全体のバランスを極限まで表現したガナッシュ。

3つの美味しさの極意

  1. 1.大石が理想とする日本茶チョコレートの味わいのために、茶師十段がすべて合組(ブレンド)したお茶を使用。
  2. 2.お茶の香りを最大限に出すために、お湯で茶葉を湿らせた後、生クリームで煎出したこだわりの製法。
  3. 3.素材とチョコレートの配合を繊細に見極める、大石ならではのマリアージュを実現。

STORYストーリー

第一弾日本茶

チョコレートの中から
お茶の香りと味わいが広がる。

思案

本当に美味しい抹茶のチョコレートとは?

大石が初回に選んだ食材は日本茶。
とりわけ大石の抹茶のチョコレートは、国内外問わず評価が高い。
理想の抹茶ガナッシュをより追究したいという想いで探求し、そこで大石は「お茶」ではなく「茶師」と出逢う。

出逢

お茶をブレンドする「合組(ごうぐみ)」。

お茶の世界には、お茶を生産するだけではなく、「組み合わせる」茶師の存在を知り、最高位である茶師十段の資格を有する大山拓朗氏を訪ねる。
大山氏のお茶に対してのあふれる情熱を聞きながら、「大山氏とならば自分の理想のチョコレートが創れる」大石はそう確信した。

対話

チョコレートのために作られたお茶。

「飲む」ためではなく、「チョコレートに合わせる」ために、お茶の合組を託す。

挑戦

お茶の旨味、新緑の香り。

「お茶の旨味と新緑の青い香りをまとったお茶を合組できませんか。」
大石からの依頼に戸惑う大山氏。大石だけが知るゴールに向けて、大山氏は合組を繰り返した。

創造

大石の追究するゴールへ

大石は何度もチョコレートを試作し、大山氏は何度もお茶を合組する。
ともに味わいを確かめながら、少しずつ、理想の抹茶ガナッシュへ近づいていった。
そして遂に、大石の追究した抹茶ガナッシュが完成。
この感動を、ぜひあなたにも。

ANOTHER STORY

  • 自家焙煎ならではの香ばしさと
    香りの広がり

    ほうじ茶

    大山氏の自家焙煎のほうじ茶は、焙煎したての香ばしさと香りの広がり方に違いがあると感じた大石。
    「このほうじ茶を使ってチョコレートを創りたい。」
    ところが、抹茶の要領でほうじ茶をパウダーにして混ぜ合わせてもほうじ茶特有の香りが思ったようになく、素材の持ち味を活かせていないと感じた。
    そこで大石は、生クリームでお茶を煎出する技法に変更。
    ほうじ茶の魅力を存分に引き出した味わいとなった。

    READ MORE
  • お茶と玄米の特性も活かす繊細な配合による気品のある味わい

    玄米茶

    「この玄米茶の香ばしさはなにか―――」
    大石が初めて玄米茶を飲んだときに、率直に感じた疑問。
    答えは、玄米にもち米を使用していることだった。
    もち米を使用することによって、香ばしさとお米の旨みが各段に変化する。
    お茶と玄米、どちらの特性も活かすように繊細に配合を調整し、気品のある味わいに仕上げた。

    READ MORE
  • 利き茶から閃いた
    煎茶の繊細な味わい

    煎茶

    普段、飲んでいる「煎茶」をチョコレートにしたい。
    大山氏に合組を依頼したが、煎茶は抹茶のようにパウダー状にしてガナッシュに仕立てると思うような味わいが出ず、煎出してチョコレートに合わせると味が負けてしまう。
    ある時、「利き茶」をしている大山氏を見て大石が閃き、新たな煎出方法を試すと、味わいが各段に上がる。

    そこからは、大石の理想の味わいへ向けて何度も試作と合組を繰り返す。
    煎茶の旨み、渋み、全体のバランス…
    それらすべてのバランスを緻密に考え、煎茶の繊細な味わいを表現することに成功した。

    READ MORE

CRAFTSMAN

抹茶を極めた茶師十段 大山氏とチョコレートのプロフェッショナル大石が
究極の抹茶チョコレートを目指す。

しもきた茶苑 大山 
茶師十段 大山拓朗 氏

全国にわずか15人しかいない最高位「茶師十段」に認定された日本茶のスペシャリスト。下北沢にある「しもきた茶苑 大山」では、大山氏が合組したお茶を販売しています。全国茶審査技術競技大会/入賞8回。東京都茶審査技術競技大会/優勝3回(2001年、2002年、2009年)。東京都茶審査技術競技大会/準優勝2回(2000年、2003年)他
19歳から出場資格のある45歳まで、全国大会に連続出場。史上最多の27回連続出場記録を持つ。