HISTORY 沿革

1950(昭和25)年10月
東京都渋谷区青山青葉町において高級チョコレート並びにキャンディの製造販売を始める
1952(昭和27)年09月
株式会社メリーチョコレートカムパニー設立。原 堅太郎、社長に就任
1958(昭和33)年02月
東京の百貨店で初めてのバレンタインセール実施
1969(昭和44)年09月
東京都大田区大森西7丁目に本社工場を新築移転する
1972(昭和47)年04月
マロングラッセの製造販売を始める
1978(昭和53)年05月
デザートゼリー(現在のグレイス オブ フルーツ)の製造販売を始める
1979(昭和54)年09月
ファンシーアメリカン(現在のファンシーチョコレート)の製造販売を始める
1986(昭和61)年10月
船橋工場新築完成
1994(平成06)年08月
船橋工場増築及び情報流通センター完成
1997(平成09)年09月
エスプリ ド メリーの製造販売を始める
2000(平成12)年10月
サロン・デュ・ショコラ パリに日本で初めて出展
2002(平成14)年11月
サロン・デュ・ショコラ パリで準グランプリ受賞
2005(平成17)年10月
サロン・デュ・ショコラ パリにて特別栄誉賞受賞
2006(平成18)年10月
サロン・デュ・ショコラ パリにて、フランスショコラティエ連盟より「シュヴァリエ」の称号を受ける
2006(平成18)年12月
ガーナ共和国アコチ村に図書館を寄贈
2007(平成19)年03月
新本社完成
2008(平成20)年12月
株式譲渡により、(株)ロッテホールディングスの100%子会社になる
2009(平成21)年10月
サロン・デュ・ショコラ パリにて3年連続で国際優秀賞を受賞
2010(平成22)年06月
前年秋から開始したメリー 桜プロジェクトの一環として世界遺産フランスのモン・サン=ミシェルに桜を植樹
2010(平成22)年10月
フランス セント・ヴァレンタイン村と友好提携を結び、「愛のチョコレート」セント・ヴァレンタイン親善大使企業に任命される
2011(平成23)年07月
創業60年を機に始めた「メリーのサマーバレンタインデー」を展開
2012(平成24)年06月
東京駅改札内地下一階エキナカ商業施設「GRANSTA(グランスタ)」丸の内坂エリアに「マルシェ ド ショコラ」オープン
2013(平成25)年01月
2月14日バレンタインデーを広め、文化に貢献したことが評価され、日本記念日協会より「記念日文化功労賞」を受賞
2013(平成25)年03月
東京丸の内JPタワーKITTE(キッテ)に「メリーズ カフェ」オープン
2013(平成25)年11月
サロン・デュ・ショコラ パリにて3年連続4つ星(4タブレット)受賞
2014(平成26)年04月
メリー 桜プロジェクト 米国ワシントンD.C.の小学校に桜を植樹
2014(平成26)年11月
サロン・デュ・ショコラ パリにて最高位のゴールドタブレットを獲得
2015(平成27)年03月
品質マネジメントシステムの国際規格 ISO9001認証取得(生産本部)
2015(平成27)年04月
東京大学×メリー 産学連携開始
日本産の希少種「東大カカオ」のチョコレート実現に向け共同研究
2015(平成27)年09月
松戸工場新築完成