一粒からはじまる
新たな価値

メリーチョコレートの3つの挑戦

メリーチョコレートは、チョコレート市場に新たな風を吹き込み、新しい味わいや素材、さらにはチョコレート文化の発展まで、チョコレートに関わるさまざまなことに取り組んできました。挑戦を続けることで、メリーチョコレートが成長するとともに、チョコレート業界発展の一翼を担ってきたと自負しています。

Challenge 01

感謝の想いをチョコレートに乗せて。
日本で初めてバレンタインフェアを開催。

1958年1月、メリーチョコレートの社員がパリに住む友人から一通の絵葉書を受け取りました。そこに書かれていたのは「パリでは2月14日はバレンタインデーといって、花やカード、チョコレートを贈る習慣がある」という内容。メリーの社員は、これをチョコレートの販促イベントに結びつけられないだろうかと考え、2月12日~14日の3日間、都内百貨店で日本初のバレンタインフェアを実施。しかし、当時バレンタインデーを知る人はなく、総売上はたったの170円でした。

それでもメリーは、その翌年もバレンタインフェアを開催し、贈り手と相手の名前を入れるハート型のサインチョコレートを発売。この斬新なアイデアが注目を浴び、バレンタインデーは徐々に知られるように。現在では、恋人だけでなく、感謝チョコ、ファミリーチョコ、友チョコ、ご褒美チョコなどで浸透しています。こうした日本独自の季節催事、ギフト習慣を提唱、発展、定着させた功績が高く評価され、2013年1月、日本記念日協会より「記念日文化功労賞」を授与されました。

Challenge 02

日本の伝統を世界へ。
今こそ定着している抹茶を、先駆けて取り入れる。

2000年、メリーチョコレートは、日本のブランドで初めて世界最大のチョコレート展「サロン・デュ・ショコラ パリ」に出展。当時、メリーが用意したのはホワイトチョコレートに抹茶を入れた抹茶チョコレート。自信を持って出品しましたが、現地では抹茶は全く知られておらず、「これはピスタチオか?」と問われるほどでした。

しかし、「日本の味と文化を世界に伝えたい」という想いから、メリーは抹茶のチョコレートをはじめ、さまざまな和の食材と組み合わせたチョコレートをひたむきに出品し続けました。そして2002年には、梅を使ったチョコレートが準グランプリを受賞。それ以降数々の賞を受賞し、メリーのチョコレートは世界で認められ高く評価されるようになりました。現在では、フランスでもゴマや醤油、紫蘇なども違和感なく用いられるようになり、メリーは和のチョコレートというカテゴリーをフランスで確立したと自負しています。今後も、日本独自の食材とチョコレートのマリアージュを探求し、日本から世界へ向けて「日本ならではのチョコレート」を発信していきます。

Challenge 03

素材へのこだわりと
飽くなきカカオの探求。

「素晴らしい音楽にアンコールが沸き起こるように、おいしい商品はお客さまが繰り返し求めてくださる」。この創業者の言葉にあるように、メリーはいつも、ギフトを贈るお客さまの心に寄り添いながらおいしいチョコレートを求め続けてきました。素材のカカオは、産地や品質をセレクト。希少で香り高いフレーバービーンズをブレンドし、オリジナルの味わいに仕立てています。作業でも、大理石でチョコレートを練り上げて、なめらかさ、ピュアな風味を生み出す工程に24時間もの時間を費やしてベースのチョコレートを作ります。原料のミルクは一度ローストしたものを使用。キャラメルのような風味を感じる独特の味わいに仕上げています。

培われた技術や素材へのこだわりを大切に守り続けながらも、新たな素材との出会いや開発にも注力しています。東京大学樹芸研究所と産学連携し、「ソイルトゥバー(土からチョコレートへ)」にも挑戦。南伊豆の温泉による地熱を利用した温室で栽培している国産のカカオを使い、発酵、ローストなどさまざまな研究を重ねカカオに対する見識を深めています。伝統と革新を続けながらチョコレートのおいしさを追究するために、そしてお客さまに繰り返しお求めいただける商品を作るために、今後もメリーは素材と、そしてカカオと向き合い挑戦を続けていきます。