オンラインショップ限定
「東京国立博物館×つわもの」

オンラインショップ限定「東京国立博物館×つわもの」

狩野永徳や戦国武将の
豪放な美意識をイメージしたチョコレート

2020.01.11

日本の重要な歴史的文化財が数多く所蔵されている東京国立博物館とメリーチョコレートの戦国武将をテーマにしたブランド「つわもの」がコラボレーションいたしました。

オンラインショップ限定で1月下旬より、狩野永徳や戦国武将の豪放な美意識をイメージしたチョコレート、「荒ぶる者(あらぶるもの)-檜図屏風-」を販売いたします。
織田信長や豊臣秀吉などの天下人に仕えた戦国時代の画壇の第一人者として重用された狩野永徳。東京国立博物館でも人気がある作品で、荒々しい筆致で描かれた巨木が戦国時代の豪放な美意識を彷彿させる作品とも評される国宝「檜図屏風」が描かれたパッケージに、銀箔や切れが良くカカオ感が強いビターチョコレートで刀をイメージしました。

ご自分のコレクションや歴史好きな方へのバレンタインチョコレート、仕事や受験など頑張る方への応援にもおすすめしたい逸品です。

<商品情報>

荒ぶる者(あらぶるもの)-檜図屏風-

1,296円(本体価格 1,200円)

・販売店舗

メリーオンラインショップ(楽天、PayPayモールを含む)
ロッテオンラインショップ
三越伊勢丹オンラインショップ

・販売期間

1月下旬~3月末(予定)

*イメージ写真の屏風は付属されません。予めご了承ください。