パリで賞賛されたショコラティエ

2000年に世界最大のチョコレート展
「サロン・デュ・ショコラ パリ」に
ヨーロッパ以外のブランドとして初の出展を
果たしました。
それ以降、出展を続け
「日本の味を伝えたい」という想いから
他に先がけて、抹茶や柚子など
和の食材と組み合わせた
日本ならではのチョコレートを発表し続けています。

2016年には
メリーのプレステージブランド
「トーキョーチョコレート」が
フランスで権威あるショコラの格付け
「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(C.C.C.)」
より

トップショコラティエに与えられる
最も栄誉ある賞

「C.C.C.アワード」を受賞しました。
これは日本のメーカーとしては唯一、成し遂げた快挙。
ショコラティエのオリジナリティあふれるアイデアと
素材への挑戦、
そして、高い技術力が評価されたのです。

創業以来、
本物のチョコレートのおいしさを追究し
日本にその魅力を広めてきたメリー。

今は、

日本独自の食材と
チョコレートのマリアージュを探求し
日本から世界へ向けて
「日本ならではのおいしいチョコレート」を
発信しています。