メリーチョコレートの歩み

美しく奏でられた音楽が聴く人の心を魅了し
必ずアンコールが沸き起こるように
本当においしいものは、
繰り返しお客様が求めてくれる。
そんな想いを抱きながら
メリーチョコレートはずっと歩んできました。

1950年(昭和25年)、菓子製造に携わっていた
原 堅太郎が
東京都目黒区の小さな作業場で
チョコレート製造を始めました。
それがメリーチョコレートの誕生です。

「品質の良いおいしいチョコレート」を目指し
創業当時から原料や製法に徹底して
こだわり抜いたメリー。
日本にまだ「本物のチョコレート」という意識が
ない時代から

ココアバター100%の
口溶けのよいチョコレートづくりに
取り組んできました。

「良いものは食べてもらえばわかる」という信念のもと
日本のチョコレート文化の礎を築いてきたのです。

1958年(昭和33年)には、日本で初めて
「バレンタインデーに女性から男性へ
チョコレートを贈る」

というスタイルを提唱。
また、2000年には世界最大のチョコレート展
「サロン・デュ・ショコラ パリ」へ
国内メーカーとして初めて参加するなど
新たな提案、挑戦も続けています。

これからもメリーは
創業以来守り続けてきた「おいしさ」と
「品質」へのこだわり、
そして時代に合った「メリーらしいおいしさ」への
探究心を大切にして、
多くの方に愛され、親しんでいただける
チョコレートをつくり続けていきます。